寝付きが良くなる 食べ物

寝つきが良くなる食べ物をピックアップ

不眠症 サプリ

 

よく眠れるようになる食べ物がある事はご存知でしょうか?
といっても個人差はありますし、同時にカフェインを
摂取していたりするといくら食べても意味が無くなります。

 

しかし睡眠の質を上げるための色々な対処法の1つとして
効果的なのは確かなので、最近不眠で困っているという人は
利用してみてはどうでしょうか?

 

どんな食べ物が眠れるのかですが、
それはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれている食べ物です。

 

トリプトファンとは眠くなる時に出るホルモンである
メラトニンの分泌を促す物質で、人間が体内で作る事はできません。
ですので外から食べ物で補う必要があります。

 

トリプトファンには即効性はないため、効果を
実感したい場合は朝や昼に食べるのが良いでしょう。

 

トリプトファンが含まれる食べ物はバナナ、牛乳をはじめとした
乳製品、ゆで卵やお味噌汁にも含まれています。

 

身近な食べ物ですので、普段の食生活に簡単に取り入れる事ができますね。

 

不眠症の改善には1000mgのトリプトファンが必要と言われていますが、
あまり摂りすぎるとセロトニン症候群を引き起こし、高血圧や
下痢、吐き気などの副作用を引き起こすのでサプリなどでの
摂取を考えている場合は摂取量に気をつけましょう。

 

またその他にも脳や脊髄に含まれているギャバと呼ばれる
アミノ酸がありますが、ギャバは中枢神経を抑制する物質なので
リラックス効果が期待できる成分です。

 

ギャバは他にも中性脂肪を下げたり血圧を下げたりと
生活習慣病にも注目されている成分です。

 

ギャバも私達の身近にある野菜によく含まれており、
特にトマトには多く含まれています。
トマト以外ではじゃがいもやナス、果物では温州みかんやぶどうに含まれています。

 

最近ではギャバが含まれたチョコレートも売られていますので、
おやつもそちらを選ぶと良いでしょう。

 

脳内の興奮した神経を抑制する成分が含まれる食べ物は意外と多くあります。
偏らないようにサプリメントなども利用しながら摂取すると良いですね。

page top