寝付けない ハーブ

寝付けない時にはハーブを活用しましょう

寝付けない サプリ

 

眠れない理由の1つに、自律神経の副交感神経と呼ばれる
リラックス時に出る神経のスイッチが入っていない事があります。

 

いつまでたっても交感神経が優位にあり、
脳が興奮状態の時にはリラックスする事が何よりも大切な事です。

 

そこで効果的なのがハーブですが、ハーブティーを飲むと
リラックスするという事を聞いた事はありませんか?
リラックスできるハーブはかなり多く種類があるので活用すると良いでしょう。

 

そもそも何故ハーブがリラックスに良いのかというと、ハーブには
カフェインが含まれておらず甘い味や香りがリラックス効果をもたらします。

 

また鎮静効果や疲労感を取る効果に
優れているので眠りをもたらすものとしてぴったりなのです。

 

また中には神経の興奮や刺激を抑えてくれる作用もあるため、
色んなハーブが睡眠に良いとされています。

 

ハーブは睡眠薬と違って副作用がないのがメリットです。

 

特に持病があって薬を飲んでいる人にとっては、
飲み合わせなどを気にせずに摂取できるところが支持されています。

 

ではどんなハーブが睡眠に良いのかというと、
有名どころではラベンダーがそうですね。

 

ラベンダーには鎮静効果があり、色んな研究の中でも
快眠数値が上がったとのデータもあるハーブです。

 

その他にもバレリアンと呼ばれるハーブには、覚醒時に出る
神経伝達物質を抑えるギャバと呼ばれるアミノ酸を分泌する作用があります。

 

その効果は太古の昔から漢方薬として使われるほどの作用があり、
海外をはじめとしたサプリメントにも配合されている成分です。

 

ハーブを取り入れるにはハーブティーが身近にありますね。

 

ハーブティーは赤や黄色と色が美しく、香りもいかにも
美味しそうですが初心者はあまり美味しいとは感じない人もいます。

 

慣れてくると風味を感じられますが、
まずは砂糖や蜂蜜などで甘さをプラスするのも良いでしょう。

 

またハーブティーが苦手ならサプリメントで補う方法もあります。

 

ハーブは昔から色々なシーンで使われてきており、
快眠のための薬代わりとして長く愛用されてきています。

 

上手に取り入れて不眠症や睡眠不足をケアしましょう。

page top