寝付きが良くなる 成分

寝付きが良くなる主な成分とは?

寝付けない サプリ

 

睡眠に良いとされる成分が色々と入ったサプリメントが沢山売られていますが、
中でも睡眠の質を上げてくれる成分はどんな物があるのでしょう。

 

何となく効果がありそうだから、と選ぶのではなく
入っている成分に注目して購入したいですね。

 

まず睡眠に良いとされる物質はアミノ酸ですが、
一口にアミノ酸といってもその種類は何百種類とあります。

 

アミノ酸は体内にはなくてはならない物質で、
体の約20パーセントはアミノ酸でできているといっても過言ではありません。

 

そのアミノ酸の中でも、脳や脊髄内にあるガンマアミノ酸の
GABAと呼ばれる物質を聞いたことはないでしょうか?

 

チョコレートにも含まれていて、ストレスを落ち着かせる作用があります。

 

夜眠る時に昼間のイライラを思い出し中々眠りにつけない人は、
脳内の興奮作用のあるグルタミン酸が増え、
対するGABAが少なくなっているかもしれません。

 

アミノ酸で快眠に必要な成分は他にも、眠くなると分泌される
メラトニンやセロトニンと呼ばれる幸せホルモンの
アミノ酸や、その原料となるセロトニンです。

 

また眠りを深くするために必要なアミノ酸でグリシンがあります。
グリシンを用いた睡眠導入剤も多く販売されていますね。

 

アミノ酸の他にもリラックス成分として注目されているのが
Lテアニンと呼ばれる成分です。

 

実はテアニンもアミノ酸の仲間でお茶のうまみ成分として含まれていますが、
高級な玉露や一部のキノコ類にしか含まれておらず、
食品から摂取するのが中々難しい成分です。

 

テアニンは脳細胞にまで届く数少ない希少な成分で、
脳内に届くと副交感神経を優位にしてくれます。

 

副交感神経が優位になると、α波が出てリラックスできるため、
寝る前の自然な睡眠の準備に良いとされる成分なのです。

 

とはいえ寝る前にお茶をがぶ飲みすると、
カフェインも含まれているため眠れなくなる可能性があります。

 

摂取するにはやはりサプリメントからの方が良いでしょう。

 

快眠や睡眠の質をきちんとあげてくれる成分が
含まれたサプリメント選びが大切です。

page top