睡眠薬 副作用

睡眠薬の副作用には要注意!

寝付けない サプリ

 

睡眠薬は一時的な不眠症状を楽にしたり、
対処療法として使用するのであれば用法、
容量を守ると危険な薬ではありません。

 

しかしとりあえず眠れるんだから良いかとなってしまったり、
根本的な原因を解明しなくなってしまう場合もあるので
長期に使うのはお勧めできません。

 

薬には副作用もあるので、不眠症の人は一時的に使うようにしましょう。

 

まず睡眠薬と一言にいっても種類は様々あります。
自分の睡眠のタイプが寝付けない事から朝方起きるタイプまで色々とあり、
それによって出される睡眠薬も短時間型から長時間型と違いがある事を覚えておきましょう。

 

その型の中でも様々な種類がありますが、今広く処方されているのは
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で安全性も高い睡眠薬ではあります。

 

それでも副作用の症状としては効果が朝起きてからもずっと続いてしまう
薬の持ち越しで、いわゆる寝足りないというような感覚。

 

その他にも頭が重い、ふらつきや脱力感といった考えや
思考がまとまらないような副作用があるため気をつけなければなりません。

 

このような副作用が続くと不眠による不安定な精神状態だけでなく、
体が言う事をきかないという精神的な不安も増し悪循環に
陥る場合があるため注意が必要です。

 

また薬自体に依存性はないとされているものの、
楽になるのでそこに甘えてしまうという考えが起きるのは確かです。

 

不眠症や睡眠障害の原因が分からない場合は尚更
根治の方法が見つかりにくいため、依存度も高くなります。

 

また長期に渡っていて飲む量が増えていると認知機能が低下するので
車の運転が困難になる、さらに肝臓にも負担がきます。

 

またアルコールを飲んだ状態で睡眠薬を飲むと
副作用が起きやすくなる点もあります。

 

その他持病があれば薬との飲み合わせでも副作用が起こる
ケースがあるので、できれば一時的な対処療法として服用したいですね。

 

もちろんメリットもありますが、脳の神経伝達物質を半ば無理やりに
コントロールするのが睡眠薬なので、安易に使うのは後々の事を考えても気をつけたい薬です。

page top